憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

世界50カ国を女ひとり旅するフォトライター 田島知華さんの7つのルールとは

旅行

世界50カ国を女ひとり旅するフォトライター 田島知華さんの7つのルールとは
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

テレビ番組「セブンルール」で50カ国を女ひとり旅してきたという25歳のトラベルフォトライター田島知華さんが紹介されていました。
25歳の若さでトラベルフォトライターとして活躍されているなんて素敵だなと憧れてしまう一方で、最初はそんなことができるの??っていう疑問も感じてしまいました。
おしゃれをして、ヒールをいて、全世界を歩き回っているんですよ。

そんなライフスタイルを実現して輝いている田島知華さんの7つのルールはどんなことだったんでしょうか。

トラベルフォトライター 田島知華さんとは

田島知華さん

出典 http://tajiharu.main.jp

田島 知華 Haruka Tajima

1991年福岡県生まれ。東京都在住。
トラベルフォトライター/女子旅アドバイザー

旅先では主にカラフルな場所を好み、探し歩く。また、世界の珍しいホテルに泊まること、砂漠めぐり、階段を撮るのが好き。
ヨーロッパの可愛いものをめぐる女子旅やバックパックで南米を周遊する男前な旅、週末だけでおいしいものを食べまくる弾丸旅行、日帰りで行ける国内旅行やまるで海外のような国内スポットめぐりなど、学生から社会人でも行ける旅行まで知り尽くした経験を元に記事を書く。

出典 http://tajiharu.main.jp

田島知華さんの7つのルールとは

1. 旅先ではまず一番高い場所へ

まず高いビルに登って、変わった建物などの撮影スポットを探すんだそう。

2. 1度通った道は2度通らない

偶然出会える撮影スポットをより多く探して伝えるため、だそうです。

3. 日本では節約する

1時間位は普通に歩いて交通費を節約するそう。
日本ではなるべく節約して、旅行費用に充てるそうですよ。

4. 旅先でも美しく

旅する姿が本当にオシャレで素敵な智華さん。
バックパッカーのような旅といえどもオシャレには気をつかわれてます。
シャンプーや化粧水は普段使いのものを必ず詰め替えて持っていくそうです。
バックパッカーは汚い、というイメージを払拭したいそうです。

5. 旅の前日は徹夜

飛行機酔いをするから飛行機が大嫌いだという知華さん。
飛行機の中ではずっと眠っていたいので、旅の前日は旅の下調べをするなどして一睡もしないそうです。
飛行機嫌いとは意外でしたね!

6. 世界をカラフルに切り取る

カラフルな写真の方がワクワクやときめきがある。
それを見る人にも感じてもらって、何か踏み出すきっかけになってほしいそうです。

7. 日本のパスポートを大事にする

知華さんがモロッコを訪ねたときに、現地のモロッコの女の子に「日本人はビザなしでいろんなところに行けてうらやましい」と言われたそうなんです。
日本のパスポートを持っているとたいていの国にビザなしで行けるけれど、他の国ではそうでないということに気づかされたと。
そんな「魔法のパスポート」を持てる日本人に生まれたからにはいろんなところへ行かなきゃいけない、と思ったそう。

このお話、私も聞いていて目からウロコな気分でした。
世界を旅できるのは当たり前のことではなくて、特別なことなんですね。

まとめ

おしゃれをしてメイクをして、ヒールで世界をを駆け回る知華さん。
なんといっても性格がチャーミングなんですよね、彼女。

最後に憧れだったナミブ砂漠で、満足のできる写真が撮れたときの表情は本当に素敵でした。

ナミブ砂漠
田島知華さん

魔法のパスポートを持てていることに私も感謝をして、世界中を旅したい気持ちがムクムク沸いてきました♪
知華さんのウェブサイトやインスタの写真は本当にカラフルでワクワクするものばかりです。
旅したい気分を盛り上げていきたいですね^^

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ